NHKテレビの朝の番組でも「母が重たい~」
というテーマがとりあげられ、話題になりました。

187064

神宮青山の母ステラマリス♢茉莉名です。

母性がいき過ぎて娘の結婚に、異常に
介入したり、妨害してしまう母親に
アタマを悩ましている女性も多いようです。

1 成人した娘に対して、いつまでも
  干渉する母親

  母親の敷いたレールを素直にきき
  そのまま歩いてきた娘

日頃から娘の友人関係や趣味、洋服や
下着にまで干渉するので、友人との
たわいもないおしゃべりやオシャレを
楽しんだことがない。

好きな人ができても、母親の許可が
ないと交際は、ダメ。

デートにもくっついてくる母

ひとり暮らしをしようとしても止められる。

とにかく娘を自分の手元においておきたい。

常に自分が娘より優位に立っていないと
気が済まない。

子どもが自分よりも幸福になることに耐えられない。

2 自分が叶えることができなかった
  ことを娘に投影している母親

  自分は望むことと娘が望むことの
  区別ができない。

  親の意見は正しい、間違っていない
  と、思っている娘

“あなたのためにやってあげている!”
と言いながら自分の夢を娘に押し付ける

自分がやりたくてもできなかったから
あなたにはやらせてあげたい~
(娘の希望は無視)

親ということを偉そうにアピールする

自身の人生を娘に重ねている。

『あんな人と結婚したから
私の人生は不幸。あなたには私のように
なってほしくないのよ』と結婚相手に
ついて強く干渉してくる。

娘の方は、常に親が気に入る相手を
さがす。

人間としての魅力よりも条件が優先
する。

3 娘のことを自分の一部分、または
  所有物のように思っている母親

自分の分身であり、母の想いは娘には
わかっているはずだし自分も娘のことは
わかっている~と思っている。

なのでグチをこぼしたり、感情が不安定
な時にストレスを娘にぶっつけるのは
あたりまえ。
だって、今たいへんだからこれくらい
解かってくれていて当然。

娘だけ自由な道を進むのは許せない。

自分は我慢してきたのだから
娘も我慢すべき
   ↓
娘が自分を越えて、その先に行くことが
許せないという無意識からの感情で
娘の人生を閉ざすような行動をとる。

「私が見放したら母がかわいそう」

「母をわかってあげられるのは私だけ」
と、けなげに母をかばう娘。

これでは、いつまでたっても状況は
変わりません。

母親からの呪縛を解放するには

☆ 嫌なことには、はっきりと
  『嫌!』と発言する

★「私が我慢すればいい」はNG

これまで我慢していた人は、自分の
気持ちに正直になりましょう。

☆ 母親と私の人生は違う。
  親子であっても別々の人生です。
一緒の生き方をする必要はありません

☆ 親に受け入れてもらおうと思わない

無神経に干渉してきたり、支配には
NOと言う。
自分が正しいと思い込み、いろんなこと
にアタマを突っ込んできて傍若無人な
振る舞いには、はっきり意志を伝える

☆ 最終手段としては、一切の交流
  を絶つ

娘からの拒絶によって、徐々に変化
し自立する母親もいるそうです。

娘からの冷静な拒絶は、母を変える
きっかけになりますよ。

あなたが生まれるときにもってきた
人生の設計図(ホロスコープ)を見ると

「母との関係がき・つ・い~」という
方の場合
月と土星・月とトランスサタニアン
(天王星・海王星・冥王星)との関係が
ハードば結びつきになっていることが
多いようです。

これは何を意味しているのか、どうすれ
ばいいか~を占星術とキネシオロジー
で身体の声を聞きながらアドバイスいたします。